IT関連の仕事は様々あり、その中でもエンジニアと呼ばれる仕事にはまた種類も内容も異なったものがいろいろあります。
ここで取り上げるコンシューマーゲームエンジニアの仕事は、主に新規サーバの構築や既存サーバの改修に関わることが多いようです。
ただ単にアーケードゲームの移植だけが仕事ではありませんので、スコアデータの収集や分析をする能力も必要です。
開発にはWeb業界の経験がある方が有利なようですが、何よりチームワークが大切な業務ですから、コミュニケーション能力も必要です。
自分の判断で何事も決めて行動するのではなく、情報をチームでシェアする能力や気遣いが必要になります。

チームワークはどのような仕事にも必要なものです。
これはコンシューマーゲームエンジニアの仕事に限ったことではありませんが、コツコツと自分の仕事をするタイプの人には特に意識を持って業務に当たらなくてはいけない重要なポイントになります。
アーケードゲームの移植と言えば簡単に思えますが、アーケードゲームをコンシューマーゲームに移植するのは実はかなり手間がかかる開発になります。自分一人では出来ることにも限界がありますし、商品ですから納期も決められています。
いかに納期までに完璧な商品を開発できるかが最優先事項になりますので、完遂するまでは自分の業務も大切ですがチームでの自分の役割を守ることも大切です。

簡単そうに思えるコンシューマーゲームエンジニアの仕事ですが、その中身は地味で細かい作業の積み重ねであり、チームとの協力が必要な仕事でもあると思います。
コミュニケーションが苦手な人には厳しいかもしれませんが、IT関連の業務では必要不可欠なスキルですので普段から意識をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です