エンジニアとはIT業界の技術者のことで、様々な職種があります。
基本的にはパソコンに向かって作業する事が多く、自分の技術力がものをいう職業です。

システムエンジニアは、顧客のニーズに合わせてシステムを構築するときに必要な設計図を制作します。
アプリケーションエンジニアは、情報処理技術者試験の1区分で、経済産業省が認定する国家資格です。この資格を取得すると、情報系の企業や一般企業の開発部などで、業務用プログラムの開発などが出来ます。
ネットワークエンジニアは、ネットワーク通信や企業内のLAN通信システムの構築、管理を行います。ハッカーからの不正アクセス行為なども増えてきているので、24時間体制で見張ることも多くなっています。

そして、全てのシステムエンジニアの最終目標とされているのが、コンサルティングシステムエンジニア。
顧客とシステムエンジニアの橋渡し的な役割を担います。顧客の企業でどんなシステムが必要なのか、どこをシステム化すればいいのかを割り出し、分析し最適な環境を提案します。
顧客とシステムエンジニアとを取り持つので、高度なコミュニケーション能力も必要になります。

この他にもコミュニケーション能力が必要な仕事が、カスタマーエンジニア、サポートエンジニアなどです。
カスタマーエンジニアは、コンピュータシステムのトラブルに対応するために、ユーザーのところに訪問、または常駐していて、トラブル解決にあたります。
サポートエンジニアは一般ユーザー向けか法人向けかで分かれますが、どちらもトラブル対応にあたるものです。顧客の話からトラブルを見出して、解決方法を考え伝える仕事なので、コミュニケーション能力が必要です。

このように、エンジニアには色々な仕事があることが分かります。
フリーランスとして活躍したい方は、自分に合った職種や得意分野から探すといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です